あのWantedlyを一人で開発した仲暁子!彼女は言う「時代はプログラミングですよ!」

出典:ビジネス向けSNS、起業の原点は「幻のミス京大」

  • 氏名:仲 暁子(なか あきこ)
  • 生年月日:1984年10月12日
  • 最終学歴:京都大学経済学部
  • ウォンテッドリー株式会社 代表取締役CEO

シゴトでココロオドルひとを増やす。

そんな志のもと生まれたビジネス向け交流サイト(SNS)のウォンテッドリー。

月間の利用者が100万人1万5千社が利用中と現在、急成長中のウォンテッドリーですが、そのスタート時はCEOである仲暁子さんがたった一人でウォンテドリーを開発したという事をご存知でしょうか?

今回は現在、利用者数が100万人を超え、ビジネス系SNSで最も勢いのあるウォンテッドリーの創業者仲暁子氏の経歴やどのような経緯でウォンテッドリーの開発に至ったのかをチェックしてみます!

学生時代からネット環境に触れていた

仲さんの両親は共に大学の教員でお父さんが情報系だったという事もあり、家にはPCがたくさんあったそうです。中学時代にはお家のLAN環境が整った事もあり、HTMLでサイトをアップしたりもしていたそうです。

仲さんは一時、アメリカに住んでいた事や両親の海外出張に連れていかれたという事もあり、海外への憧れが強くあったそうです。そして、仲さんは高校から日本を離れてニュージーランドに留学をします。

ですが、当時のニュージランドは本当に何もないところだったらしく、おまけにネット環境も全く整っていなかったという事もあり、仲さんはPCとはすっかり離れてしまい勉強ばかりしていたそうです。

PCは私にとって空気のような存在。

高校時代は離れていましたが、京都大学に入学してからすぐにPCサークルに仲さんは入ります。

そこのサークルは京都大学の巨大な掲示板を作って運営しており、それこそギークのような人たちが集まっていたサークルで、女の子のサークルメンバーは一人もおらずかなり驚かれたそうです。

今でこそプログラマー、エンジニアに憧れる女性は増えてきていると思いますが、当時はまだまだ男が手がけるものというのが一般的な考え方であったようです。

仲さんはそこで先輩とつながりの合ったシステム会社に入り浸っていたそうですが、以外にもプログラミングだけはどうしても挫折してできなかったそうなのです。

それが、この後自分でプログラミングを学んで一人で起業をして成功を収めていくのですから、人生というものは分からないものです(笑)

起業前はFacebookに入社の経験も!

大学卒業後、仲さんは外資系証券会社のゴールドマンサックス証券に入社します。

超有名でエリートが憧れる外資系証券会社に就職した仲さんですが、自分の中で何かしっくりこず、わずか1年半でゴールドマンサックスを退職してしまいます。

この時、リーマンショックの影響もあって憧れの先輩たちが会社を去って行ったという事もあったそうです。

元々、何か新しい事を企画したり(※開催はされなかったのですが京大時代にはミスコンなども企画)、子供の頃は漫画家になりたかったという事もありモノづくり、クリエイターっぽい仕事がやりたかった仲さんは証券業務にはやはりしっくりこないものがあったそうです。

そして、仲さんはゴールドマンサックスの退職を機に子供の頃から憧れていた漫画家への転身を志ざします。

家に閉じこもってひたすら漫画を書く事に没頭する日々を続けていた仲さんですが、賞に出してもなかなか通らず、苦しい日々が続いたそうです。結局、仲さんは漫画家への道は断念してしまうのですが、コンテストなどに応募しているうちにある事に気づいたそうです。

それは賞は1000件くらいの応募から、数点だけが選ばれる。でもその中にはそれなりにクオリティの高いものもあるはず・・・。

仲さんはそのような賞から漏れてしまった大量のボツ原稿が山ほどある事に気づき、それを翻訳して世界に発信する漫画投稿サイト「Magajin」というサイトを立ち上げます。

そして、この時立ち上げたMagajinのユーザー集めに活用していたのが、当時はまだ日本ではあまり知られていなかったFacebookでした。仲さんはとあるIT関連のイベントでたまたまfacebookのジャンパーを着ていた人にMagajinを売り込むべく話しかけたのです。

そうしたら、なんとこの事がきっかけで話がトントン拍子に進み仲さんはまだ当時は数人しかいなかったFacebookの日本法人で働く事になったのです。

そして、上場企業のCEOまで登りつめた!

仲さんはFacebookに入社してプログラミング言語を操るプログラマ、エンジニアはピラミッドの頂点に位置する神のような存在で、ソーシャルネットワークのような人とのつながり使ったサービスが、この先一気に生まれてくるだろうと予想します。

そして、仲さん自身も学生時代に何度も挫折したプログラミングに挑戦して、たった一人でウォンテッドリーを開発したのです。リリースすると有名なWebサイトが取り上げた事もあってユーザー数がたちまち1万人を超えるほどになりました。

こちらの動画で仲さんがウォンテッドリーの立ち上げに至るまでをスピーチしています。

仲さんは言います。

MBAとかよりも、時代はプログラミングですよ。

引用:MBAよりも、プログラミング

2017年9月14日、ウォンテッドリーは東証マザーズに上場を果たしました。

ウォンテッドリーの成功をみれば分かると思いますが、プログラミングができるという事は、将来的に大きく成功する可能性があるスキルを手にするという事です。仲さんはエンジニアとしてバリバリ働いていた訳ではありませんが、それでもウォンテッドリーでこれだけの成功を手にする事ができたのです。

プログラミングを習得して自分の可能性を広げよう!

プログラミングをマスターする事で、たった一人でWebサービスを立ち上げて、起業する事も可能な訳です。そして、あなたが立ち上げたWebサービスがWantedlyのように有名なサービスになる事も現代においては、そこまで難しい話でもないのです。

僕もエンジニアではないのですが、自分でオンラインスクールなどを受講してほぼ独学でプログラミングを習得して、現在の業務で活用していたりします。プログラミングができるのとできないのではシステム開発のような仕事以外でも業務の生産性が大幅に違ってきます。

プログラミングを覚えると、面倒くさい作業や業務などがあった場合に、ちょこちょこっと自分でプログラムを作れれば、コンピューターが代わってやってくれるのでとても便利です。

ただし、プログラミングは独学だと8割の方が挫折すると言われています。それだけ初心者の方が一人で習得する事は難しく、ハードルが高いのです。最初はやる気もあったもののチャレンジして途中で嫌になってやめてしまうというパターンが非常に多いのです

仲さんもそうですが、僕もプログラミングがある程度できるようになるまでに何度も挫折を経験しています。

優れたプログラミングスクールはないかと自分でいろいろ探し続けていたところに見つけたのがTechAcademy [テックアカデミー]でした。

テックアカデミー代表の村田雅行さんのインタビュー動画がありますので、ぜひご覧になって下さい。

テックアカデミーの特徴として

  • 自宅にいながらオンライン完結で勉強できる。
  • 受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつく!
  • チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる。
  • オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート!

テックアカデミーでは受講生の一人一人に専属のメンターがつくので分からないところや自分一人で解決できないところなど理解するまで親身になって教えてくれます。

受講生専用のチャットツールなどもあり質問するとすぐに回答をもらえるので初学者には本当に有難い限りです。オンラインスクールなので、場所を問わず誰でも受講することが可能です。

自分で作ったオリジナルのアプリやWebサービスを今をときめく有名なWebベンチャーのCEOやエンジニアの方の前で発表するコンテストなどもあるので、あなたの作ったWebサービスなどが気に入られればそのままプログラマ、エンジニアとして迎えられるという事もひょっとしたらあるかもしれませんよ(笑)

Wantedlyはプログラミング言語としては比較的習得が容易なRubyというプログラミング言語を使っています。あなたもRubyを学べば仲さんのように自分の作ったサービスを大ヒットさせてメガベンチャーのCEOになれるかもしれません!

テックアカデミーではこのRubyを学べるコースもあります。
>>>テックアカデミーでRubyを学んでみたい方はこちら!

まだ本格的に受講する事を考えていない人は、テックアカデミーのカリキュラムを体験できる無料体験コースもあります。登録も無料ですので、まずはこちらを受講してもっと本格的に学びたくなったら有料講座を受講するのもいいかもしれません。

その無料体験コースの特徴なのですが、

  • ビデオチャットでメンタリングを体験
  • 毎日最大8時間のチャットサポート
  • 回数無制限の課題レビュー
  • オンライン教材の使用

有料講座のコースで使うものと同様のビデオチャットを使いメンタリングを体験する事ができます。そして、毎日15時〜23時までメンターがオンラインで待機しているので質問するとすぐに回答が返ってきます。

無料体験コースのオンライン教材に設定されている課題を提出するとプロの観点でレビューをしてもらえ、合格するまで何度でもアドバイスをもらえますよ!

>>>テックアカデミーの無料体験コースはこちら!

プログラミングができるという事は現代においては最強のスキルを持っているという事にほかならないのではないでしょうか?もしかしたらあなたの人生を根本から変えてしまうかもしれませんよ!

それではまた、サイゴリアンでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする