将来を不安に思う人は何も考えてない人よりも間違いなく懸命に生きているのだ!

将来が不安です。

サイゴリアンです。こんにちは。

漠然と将来が不安・・・。

ふとした時に僕たちはそんな事を考えてしまうものです。身近なところで言えばネットなどでも将来の事などで悩みや不安を抱えている人が、Q&Aサイトなどで投稿しているのをよく見かけます。

確かに現代は悩ましい時代なのかもしれません。

世の中の変化が激しくスピードも早い。こういう時代に自分はついていけるのだろうか?自分の勤めている会社はこれから大丈夫だろうか?など。挙げれば「心配の種」というのは際限なく出てきてしまうかもしれません。

ですが、僕は何の心配もせずに現状に満足してのほほんとお気楽に生きている人達の方が見ていて本当にそれで大丈夫?と思ってしまいます。

他人の人生なので余計なお世話と言えばそれまでですが、そういう生き方をしている人達というのは現代の変化の激しい時代おいては遅かれ早かれついていけなくなり、置いてきぼりにされる可能性が非常に高いです。

「将来が不安である。」と思っている人達の方が、何も対策を講じずに平々凡々と生きている人達に比べて、自分の人生を真剣に考えて何か行動を起こしていこうという気持ちが強いのではないでしょうか?

不安がない人は努力をしない

現状に満足しきってしまっている人というのは努力をしません。今がよければそれでいい。とにかく楽な方へ楽な方へ行こうとします。

あなたの会社にもいませんか?

ろくに仕事もせずに1日中、何をやっているんだかよく分からない人がw

昔は「使えないおじさん」とかですんだかもしれませんが、これからはそういう人達はすぐにリストラされてしまうでしょう。ある意味はそれはもう自業自得なのかもしれませんが、ぬるま湯に浸かれば浸かるほど、楽をしたいと思う気持ちが強いほど自分が苦しくなっていくだけです。

そういう人達と同じ行動を取っていたら、挙げ句の果てにはもういい年齢で働く場所がなくなってしまい気づけば行き場所がなくなるなんて事にもなりかねません。

将来に対して不安を感じているならば、まずは楽な方ばかりに行こうとする人達とは正反対の行動を取る事がいいでしょう。

  • 同僚と週末飲みに出かける ↔︎ 飲みにはいかずに資格等の勉強時間に当てる
  • 家に帰ってすぐテレビを見る ↔️ テレビは見ないで仕事のスキルアップの時間に当てる
  • 通勤時間に寝る ↔️ 寝ないで読書をする

上記は例ですが、自分のできそうな事から少しずつ始めていくのがいいでしょう。僕は読書辺りから始めるのがベストかなと。お金をかけずに自己研鑽できるツールとして読書はやはりコスパがとても高いでしょうね。

その他大勢からの脱却

以前、このブログでも書かせて頂いたのですが、

※参考記事

自分の身は自分で守る!日本のサラリーマンの今後の働き方について

やはり、周囲よりも優位な立場になっていきたいのならあなたは希少価値のある人財になっていかなければなりません。

人と同じ事ばかりしていてはいつまで経ってもその他大勢から脱却できず、目立つ事なく埋もれて生きていく事になってしまいます。周囲と差別化を図る事であなたの存在が光り輝くのです。

自分の将来に対して真剣に考えている人ならば自分なりの差別化の方法を必ず見つけ出す事ができるはずです。時間がかかるかもしれませんが、人よりもコツコツと努力していく事で少しずつ何か見えてくるものがあるはずです。

それでは今回はこの辺で!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする