正社員で経理に転職したい!もし未経験なら派遣で実務経験を積むのがベストです!

正社員で経理に転職!

こんにちは。サイゴリアンです。

現在は違う職種で働いているが、将来的には経理職に就いて働いてみたい。そういう方も多くいらっしゃると思います。

ですが、経理は実務経験をとても重視する為に未経験でいきなり正社員に転職となると非常にハードルが高くなります。

僕は十数年間経理職に携わっていますが、大学を卒業して新卒で経理に配属され今日まで経理を続けてきた訳ではありません。僕は中途入社で経理未経験からスタートしています。

今回は経理未経験者が正社員に転職する確実な方法をベテラン経理マンの僕がお伝えします!

経理は資格よりも実務経験重視!

経理職は資格よりも実務経験を特に重要視する職業です。

経理関連の資格は多いので、「資格を持っている方が有利!」という風に思われがちですが、実際はそんな事はありません。

例えば、

① 日商簿記1級を取得しているが、実務経験はなし。

② 資格は日商簿記2級を取得。実務経験は3年あり。

いろんな会社があるので考え方もそれぞれだとは思いますが、一般の経理担当レベルの採用ならばほとんどの会社で②の方を優先的に採用するはずです。

①の方は資格の難易度も高く国家資格レベルの日商簿記1級を保有しており、これはこれで評価は高いとは思いますが、実務経験ゼロというのは即戦力としてはちょっと・・・。という判断を必ずされてしまうでしょう。

僕自身も経理の人事・採用に携わった経験がありますが、①の方は経理の高度な知識は持ち合わせているのは分かるのですが、実際に経理の仕事をこなせるかという点にになるとかなり未知数です。採用した後に、やはり仕事がこなせなかった・・・。では会社にとっては損失以外の何者でもありません。

ですので、①の方を採用するのは会社にとってもかなりリスキーな選択であると言えます。

それに比べて②の日商簿記2級の取得者は、1級取得者ほど高度な経理知識はありません。資格の面では1級取得者より低い評価になりますが、実務経験3年というのが強みで、この時点で①の方よりも圧倒的に有利な訳です。

高度な経理関連の資格の勉強は正社員として転職してからでもできるので、まずは最低限の経理の知識(※日商簿記2級程度の知識は必須です!)と実務経験をつけてしまいましょう。

 日商簿記2級 + 経理実務経験2〜3年

これで未経験から正社員で経理転職への道がかなり広がりますよ!

派遣社員で実務経験を積もう!

それでは経理未経験者が肝心の実務経験を積むにはどうしたらいいのか?

それは派遣社員として経理の実務経験を積んでしまうのです。

事実、僕がこの方法で派遣社員として3年ほど実務経験を積んでから転職活動をして正社員で経理職の転職を成功させました。

当時はまだ年齢も若かったというのもあったのですが、(※35歳ぐらいまでで未経験だと経理への転職はかなり厳しいです!)日商簿記2級を取得していた事と基本的な経理実務を習得していると判断されてこの会社で本格的に経理マンとしての道をスタートさせる事ができました。

これは僕が実際に体験した事なので、いかに経理職が実務経験を重視しているかがよく分かると思います。

ですので、まずは雇用形態にこだわらずに割とハードルが低くてすぐ働けるような派遣社員として実務経験をつけるのが手っ取り早い方法です。派遣社員でしたらそこまでレベルの高い仕事をこなす事は要求されないので、実際の現場で働く事になったらまずは3年ほど腰を据えて頑張りある程度の経理実務経験をつけてしまいましょう!

まとめ

今回は経理未経験者の方が正社員として転職するにはどうしたらいいのか、僕の体験談を織り交ぜながら書いてみました。

コツコツと経験を積みスキルアップを怠らなければ、派遣社員からスタートしても正社員として経理職で働く事は可能です。最初はやはり未経験ですので、苦労する事もあると思いますがある程度の経理スキルを身につければ、実は食べていく事には困らなくなります。経理職は実は結構おいしい職業です。

※参考記事

【体験談】転職実績No.1サイト「リクルートエージェント」で希望の会社への転職が成功!年収も30%アップ!!

潰しの効く経理スキルを習得する事で、実はかなり安定的な生活を確保する事ができます。経理職に興味のある方、将来的に転職を考えている方は是非ともチャレンジする事をおすすめします。

それでは今回はこの辺で!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする