サラリーマンの転職35歳限界説は都市伝説!30代後半でも転職は可能ですよ!

転職35歳限界説は本当なのか?

こんにちは。サイゴリアンです。

もはやサラリーマンの間では定石となっている“転職35歳限界説”。

確かに採用条件において年齢を35歳までとしている会社はかなり多いとは思いますが、だからといってもう転職する事はできないと勝手に諦める必要はありません。

今の時代は転職する人はかなり増えており、新卒で入った会社につつがなく定年までと考えている人はかなり減ってきているでしょう。

結論から先に言うと35歳を過ぎても転職はできます

事実、僕は35歳を過ぎてから転職をしています。ただしそれにはいくつかの前提条件があるという事は言っておかなければならないのですが・・・。

転職できないのではなく「難しくなる」

35歳限界説が都市伝説のように一人歩きしているので、ここで敢えて正確に言うならば転職ができないのではなくて「転職が難しくなる」と言った方がいいでしょう。

確かに転職は年齢が若い方が有利である事は間違いないです。

企業側も頭もまだ柔らかく体力もある20代〜30代前半辺りの人たちの方が、まだまだ伸び代があるし使い勝手がいいと判断するに決まっているでしょう。

ですので35歳以上になると年齢で不利になるのは間違いありません。ですが、それだけで転職できないと決めつけるのは早合点です。

35歳から転職できる人というのは年齢で不利な分、他のところで有利になれるものを必ず持っています。ですので年齢がそこまで障壁にならずに転職をする事ができてしまうものなのです。

30代後半からでも転職してしまう人とは?

年齢という障壁をものともせずに転職してしまう人というのは一言で言ってしまえば、会社に「価値を提供できる人」です。

企業に貢献でき、価値を見いだせる人であれば常に市場から求められるのは間違いないでしょう。ただしこの求められる人財になる為にはただ会社に行って普通に仕事をしているだけではなる事は難しいです。

そして、一朝一夕で価値ある人財に突然なれたりする事ももちろん有り得ません。笑

大事な事はあなたが普段目の前の仕事にどのように取り組んでいるかです。

あなたは日頃から、

  • 自分の仕事をより良いものにしていくにはどうしたらいいか?
  • どうすれば仕事を効率化して生産性を高める事ができるだろうか?
  • どいう成果を出せば会社に貢献していけるだろうか?

上記のように考えながらいつも仕事に取り組んでいますか?毎日、疑問意識も持たずにただ漫然と仕事をしているだけではあなたの仕事力やスキルは上がってはいかないでしょう。

自分から意識して仕事に取り組んでいかなければ自分の市場価値は全く上がらずに年齢ばかりを重ねてしまう事になるので、結果転職する事が厳しい状況になってしまうのです。

まとめ

以前にも書かせて頂いたのですが、

※参考記事

自分の強みを活かす事で転職を有利に進める事ができる!

需要のある人というのは周りと比べて、圧倒的な何かを持っている人なのです。

どうすれば自分をその他大勢の人たちから差別化していけるか・・・。常にそこを考えながら仕事に取り組んでいけば自ずと自分のやるべき事は見えてくるのではないでしょうか。

35歳からでも遅くはないです。今の会社でかなり貢献はしているが評価が芳しくなく、うだつの上がらない仕事ばかりさせられているようなら転職も視野に入れた方がいいかもしれません。僕がおすすめするのはリクルートエージェントです。

※参考記事

【体験談】転職実績No.1サイト「リクルートエージェント」で希望の会社への転職が成功!年収も30%アップ!!

あなたが思っている以上に世の中には様々な会社が存在しています。まずは一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

それでは今回はこの辺りで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする