【ネタバレあり】野村萬斎主演の映画「花戦さ」を鑑賞して来ましたよ!

映画「花戦さ」を鑑賞

こんにちは。サイゴリアンです。

今回鑑賞してきた野村萬斎さん主演の「花戦さ」は

当初は正直どうしても見たかったというほどではなかったのですが

テレビで萬斎さんが映画の宣伝をしているのを見てちょっと気になり映画館に足を運んだ次第です。笑

ですが、そこまで期待をしないで行ったにも関わらず涙なしには

見られないほど感動アリ、コメディ的な要素もかなり取り入れていて笑いアリと

今までになかったような斬新な戦国時代の映画でしたね。

次に映画「花戦さ」の魅力について書いていきたいと思います。

花戦さのストーリーとキャスト

花戦さのストーリーですが、舞台は戦国時代の京都。花を生けることで世の平穏を祈る「池坊」と呼ばれる僧侶の中でも、専好こと(野村萬斎)は名手とうたわれていました。そのころ、織田信長中井貴一)亡きあと天下を手中に収めた豊臣秀吉市川猿之助)の圧政が人々を苦しめ、専好の友であった千利休佐藤浩市)が自害に追い込まれます。専好は秀吉に対して、力ではなく花の美しさで戦おうと立ち上がるのですが・・・。

キャストもなかなかの豪華ぶりで他にも秀吉の家臣でもあった前田利家役に佐々木蔵之介

石田三成役に吉田栄作、専好の幼なじみ、吉右衛門役で高橋克実と有名どころが揃っています。

主役でもある池坊専好は少し天然ボケというか抜けているところが

あるのですが、野村萬斎さんはその天然な感じを上手く演じきっており演技うまいなぁ〜と

感心しながら見てしまいました。笑 さすが一流の俳優さんですね。

時代背景が戦国時代なのでよくありがちな戦のシーンも出てくるのかと

思いきやそういったシーンは全くありません。

まさに映画のタイトル通り「花戦さ」で花僧と呼ばれた専好は武力で

戦うのではなくあくまで花を用いて時の権力者でもあった信長や秀吉に心を

開かせようとする姿勢は見ていてとても感動します。

花がテーマでもある映画ですので映像なども綺麗な花の

ショットがたくさん出てくるので見ていてとても優雅な気分になりましたね。

映画ラストは河原でのシーンになるのですが、一面に花が咲き乱れる

映像美は一見の価値ありです。とても綺麗で感動しましたよ!

いやはや良き映画に出会えました!

この映画を見る前は正直そこまで期待をしていなかったので、

期待していなかった反面、見て良かったなぁと心から思いましたね。

戦国時代が好きという方よりかは、どちらかといえば

花が好きな方の方がこの映画を見に行くに当たってはオススメなのかなとも思いますが

ともあれ僕はこのブログには自分のおすすめの映画しかレビューはしない事にしているので

興味のある方は是非、映画館に足を運んでみて下さい。

絶対に見に行って良かったと心の底から思える映画ですよ!

それでは今回はこの辺で!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする