自分の身は自分で守る!日本のサラリーマンの今後の働き方について

日本の働き方について

こんにちは。サイゴリアンです。

今回は日本の労働者のこれからの働き方について

僕なりの意見を書いてみようと思います。

記事のタイトルにもあるようにどうして僕が自分の身は自分で守る働き方について

書こうと思うに至ったかですが、それはシンプルに

一つの収入源だけに頼るのは単純に危険じゃね?

と思ったからなんですね。

多くのサラリーマンの方の収入源は会社からもらう

お給料だと思うのですが、それだけでこれからの時代はいかがなものか?と

思ったわけです。

冷静に考えてみるとこれはとっても危険な事だと分かります。

会社なんていつどうなるか誰にも分からない訳です。

そういうものに対して自分の身を全て委ねてしまうのは

その会社が倒産してしまった時、突然リストラされてしまった場合に

完全に収入源が途絶えてしまいますよね。

高度経済成長期のかつての日本のような状況でしたら

会社がバタバタ潰れていくという状況は考えにくいので

会社に身を委ねてもまだいいとは思うのですが、時代はもう完全に変わってしまっています。

これからの時代のサラリーマンは意識を変えていかなければいけないのです。

サラリーマンだから無理?

日本を代表するような大企業が倒産したり

相変わらずの不景気感で将来に不安を抱えている人も多いはずです。

これからより変化の激しい時代に突入して

日本経済を取り巻く環境は更に厳しさを増していくのではないでしょうか?

こういう時代において何よりも必要となるのは

自分に対する「強さ」と「自信」です。

この二つがあれば僕はどんな時代も生き抜いて

いけると考えています。

ではこの二つを持つにはどうすればいいのか?

それにはまず

自分は〜だからそれは無理、できない。

という考え方を取り去る事から始める事がいいでしょう。

多くの人が企業に雇われてサラリーマンとして働いていると思いますが

自分はサラリーマンだから、こういう事はできない。

という事を勝手に決め付けたりする事をやめてみるのです。

日本の多くのサラリーマンが上記のように

保守的で何事にも諦めがちの人たちが多いように感じます。

  • こういう業界のこういう人間だからちょっとそれは・・・
  • 自分が副業や週末起業なんてできるはずがない!
  • サラリーマンはこういう生き方しかできないんだ!

自分を変な「型」にはめ込んで勝手にネガティブな

決め付けをするのを止めてみるのです。

そうでないといつまで経っても前に進めないし

将来に対する悩みや不安なども一向に消える事がないと思います。

まずは自分はもっと自由に考えていいという

認識を持つ事です。

僕はサラリーマンをしながら最近副業を始めています。

まだ、お金は全く稼げていませんが、

それでも自分のビジネスを始めてこれから作り上げていく事にとてもワクワクしています。

別にサラリーマンだからといってビジネスを起こしては

いけないなどと言う決まりはありません。

ですので、変な固定観念はこの際捨ててしまって

もっとシンプルに自由な発想で前向きに自分のやりたい事などを

追求していけばいいのです。

会社から放り出されたとしても・・・

僕が副業を始めようと思ったのは単純にリスクヘッジをしたかったからです。

仮にいま自分が勤めている会社が倒産したり

もしくは業績の悪化などでリストラされてしまった場合、

僕には次の仕事先を見つけるしか収入を得る手段がありません。

しかし、次の就職先がすぐ見つかるとは

限らないし、仮にすぐ見つかったとしても給与も現在より

ダウンしてしまうかもしれないですよね。

その時に副業で最低限生活できる程度の収入を得ていれば

当面は生きていけますし気持ちにも余裕を持って就職活動ができると思います。

現在はもう会社や国をあてにして頼り切っている人というのは

さすがに少なくなってきているとは思いますが、会社は自分を守ってはくれません。

会社から放り出されたとしても自分はやっていける。

これからは仮にサラリーマンだとしても

それぐらいの自信を持てるぐらい実力をつけていかなければ

すぐにリストラの対象になってしまうでしょう。

自分の身は自分で守ろう!

もう自分の身は自分で守る時代です。

実力をつけて自分の市場価値を高めていかなければいけません。

それにはやはり自分が希少価値のある人材になり

その他大勢と差別化していかなければいけません。

実力をつけて自分を差別化していく方法は

僕が以前に書いた記事を参考にしてみて下さい。

※参考記事

自分の強みを活かす事で転職を有利に進める事ができる!

それでは今回はこの辺で!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする